黒島ヴィーナスロードについて


お天気が良くなり、風も少しあって、過ごしやすい感じ・・♡
 
今日は、黒島ヴィーナスロードのお問い合わせがいくつかございました。
「島がつながって歩けるってどこですか???」

申し訳ございません、単刀直入に申し上げますと、

黒島ヴィーナスロードはいつでも歩ける道ではございません。

事前予約はもちろんですが、潮位が大きく関わってきます。

ホテルリマーニより専用船が出ています。

そして事前予約なのです!

ここまで申し上げますと、みなさん、がっかりされます・・・。

私の心も折れてしまいそう(ToT)

黒島 砂浜を歩ける日はこちらから http://www.limani.jp/venus-load/

「黒島ヴィーナスロード」とは・・・簡単に申し上げます(笑)

牛窓港の沖合約2kmにある3つの島(黒島~中ノ小島~端ノ小島)。

これらの島々が、潮が引いた時にだけ姿を現す「砂州」でつながります。

この砂洲を黒島ヴィーナスロードといいます。

だんだん現れる砂洲。

 

干潮時(大潮)はこんなにくっきりと砂洲が現れます!

 

古くは「天下の奇蹟 砂の浮橋」と、牛窓八景にありました。

この黒島ヴィーナスロード、潮の引いた時・・・干潮時にだけ出てきます。

一言に干潮時と申しましても、これがまたいろいろなんです。

潮の満ち引きにもいろいろございまして、海事に携わるお仕事や釣りをされる方は

良く知っておられますが、潮にはこんなお名前があります。

 

【大潮】潮の干満の差が大きい状態で、新月(旧暦の1日ころ)や

    満月(旧暦の15日ころ)の前後数日間のこと

 

【小潮】潮の干満の差が小さい状態で、月の形状が半月となる上弦

    (旧暦の8日ころ)や下弦(旧暦の22日ころ)の前後数日間のこと

 

【中潮】大潮と小潮の間の期間で、旧暦3日~6日、12日~13日、

    18日~21日ころのこと

 

【長潮】上弦・下弦を1~2日過ぎたころ、干満の差が一段と小さくなり、

    満潮・干潮の変化がゆるやかで、だらだらと長く同じ潮の状態が長く

    続くように見える小潮末期(旧暦の10日と25日)のこと

 

【若潮】小潮末期の長潮を境に大潮に向かって、潮の干満差が次第に

    大きくなっていく、このように潮が再び大きくなる状態を

    「潮が若返る」と言うことで、長潮の翌日を若潮と言っている。

http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/SODAN/faq/tidename.htm海上保安庁より引用

潮位は天候に左右されますが、概ね、大潮の干潮時は「黒島ヴィーナスロード」が現れる感じです。

そのほかの潮の日でもよく引くときがありますので、潮汐表の予想潮位で専用船が組まれていますよ。

潮の満ち引きは月の引力によっておきます。科学的な根拠はないそうですが、生命の誕生や終りにも

潮の満ち引きを言いますね。神秘的です。

ホテルリマーニからの専用船のほかには、シーカヤックでの渡島もあります!

くろしお丸&牛窓シーカヤックス http://www.ushimado.net/seakayak/

牛窓ウォータートレイル http://www.watertrail.com/ushimado/index.html 

黒島ヴィーナスロードへは、どうか、計画的にお出かけくださいますようお願い申し上げます。




You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses to “黒島ヴィーナスロードについて”

  1. hsinyi Says:

    すみませんが、一人だけ、黒島ヴィーナスロードができませんか

  2. ushimado Says:

    hsinyiさま

    お返事が遅くなって申し訳ございません。

    ホテルリマーニの専用船の場合、お1人でお申込は可能ですが、
    最少催行人員が2名からだったと思いますので、
    他にお申込の方がいらっしゃれば大丈夫です。

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.