名所・スポット情報

うしまどストーリー > 名所・スポット > 本蓮寺(ほんれんじ)

本蓮寺(ほんれんじ)

本蓮寺(ほんれんじ)
当寺の歴史は南北朝時代の正平2年(1347年)京都妙顕寺の座主であった大覚大僧正が法華堂(本堂)を建立したことに始まる。

江戸時代には朝鮮通信使が寄港し当寺に滞在し、岡山藩の饗応を受けた。


室町時代の明応元年(1492年)に再建された本堂は番神堂、中門と共に国の重要文化財に指定されている。
 
通信使が使用した客殿には、小堀遠州の手によるといわれる庭園がある(見学は要予約)。

牛窓の名所・スポット情報

本蓮寺(ほんれんじ)

山号       経王山
宗派       法華宗本門流
創建年   正平2年(1347年)
開基       大覚
文化財   本堂、番神堂、中門(重要文化財)
              朝鮮通信使遺跡本蓮寺(国の史跡)




アクセスマップ



より大きな地図で 無題 を表示

本蓮寺(ほんれんじ)

住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3194

電話番号:0869-34-2014

一覧に戻る

牛窓のおすすめな遊び方をご紹介します B級グルメからジェラートまで牛窓グルメでお腹も満足 牛窓での宿泊にはホテル・旅館・ペンションをご利用下さい

牛窓のおすすめ情報

牛窓の名所・スポット紹介